錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

脱毛と日焼けサロンは同時に通える?

    

夏場は特に肌の露出が目立ちますが、それゆえにムダ毛処理を丁寧に行う人も増えてきます。

そして夏は小麦色の健康的な肌にしたいと日焼けサロンを利用する人も少なくありません。

ムダ毛を目立たなくしながら、肌も焼きたいと考える人もいますが、こうした施術を同時に行っても問題はないのかは気になるところです。

 

 

 

現在は光やレーザーによる施術が中心です

暑い時期は水着やキャミソールなど肌を露出するファッションが増えますが、それゆえにムダ毛は気になるところです。

自己処理でもある程度はきれいにできますが、毛の量を減らすことはできませんし、繰り返しの自己処理は肌へのダメージも気になります。

夏はムダ毛のないすべすべの肌を目指す人が多いですが、それと同時に健康的な小麦色の肌にしたいと肌を焼くことを考える人も増えてきます。

ムダ毛処理と日焼けは同時に行えるのかも知っておきたいですが、まず現在の主流は光やレーザーによる施術です。

この方法で毛根の黒い部分に反応させ、ムダ毛を処理していきます。

それゆえ、日焼け肌で行うと、せっかくの脱毛の効果があがらない、そして火傷などの肌トラブルのリスクも高まります。

美容クリニックはエステサロンでは、施術期間中は肌を焼かないようにアドバイスされることがほとんどです。

肌が焼けていると施術を断わられてしまう可能性もあります。

順調にムダ毛処理を進めていくためにも、施術が完成するまでは日焼けサロンは避けた方が良いでしょう。

そしてサロンだけではなく、海水浴などの肌を焼く行為も避けておきたいところです。

照射後は紫外線の影響も受けやすく、無防備に紫外線にさらすとシミが増えてしまう可能性もあります。

きれいに仕上げるためにも紫外線対策はしっかりと行っておきましょう。

 

メラニンに反応させない施術もあります

ムダ毛処理はレーザーや光が主流ですが、メラニンに反応させずに行う施術もあります。

その方法としては、ワックスやニードル脱毛、さらにバルジ領域に反応させる施術などがあげられます。

こうした施術は黒い部分に反応させる方法ではありませんので、肌の色が濃い人や色素の薄い毛も問題なく処理できると言われています。

それなら、日焼けしても良いのではと考える人もあるかもしれませんが、こうした施術の際もやはり肌は焼かないことがおすすめです。

まず、ワックスの場合も剥がすときには肌にある程度のダメージはありますので、日焼け肌では行われないことが多いものです。

ニードル脱毛もメラニンと関係なく施術できますが、一本ずつの処理となりますので広範囲の処理では時間も掛かりますし、費用も高くなりがちです。

全身などの広い範囲よりも眉周りなどの細かい部分やレーザーや光が照射できない部位に向いている方法です。

最新の施術では、日焼け肌にも対応しているものもありますが、肌が焼けていることはそれだけダメージを受けていることでもあります。

乾燥もしやすくなっていますし、施術の際も痛みを感じやすいとも言われています。

どのような施術を行う場合も、やはり肌に負担の掛かる日焼けサロンは避けたほうが良いと言えます。

 

どちらを重視するのかを決めよう

脱毛サロンと日焼けサロンは同時には通わないほうが良いと言えますが、いずれかの施術を受けたい場合はどちらを重視するのかよく考えてみましょう。

日焼けを優先するのであれば、ムダ毛処理は控えておくことにします。

肌が黒くなるとムダ毛も目立ちにくくなる傾向にあります。

気になる部位は電気シェーバーなどで自己処理をすると良いでしょう。

そして、ムダ毛処理を優先したい人は、やはり日焼けは厳禁です。

日頃から日焼け止めやファンデーション、帽子や日傘なども活用して肌をしっかりと守りましょう。

施術期間中にどうしても肌を黒くしたいという場合は、一時的に肌を小麦色に見せる化粧品もありますので、活用してみると良いでしょう。

この場合も肌に色が残っていると施術に影響が出ますので、次の予約のことも考えて使いたいものです。

施術を順調に進めていくためには肌を良い状態に保つことが大事ですので、保湿ケアなどのスキンケアも丁寧に行っておきましょう。

 

小麦色の肌とムダ毛のないすべすべの肌を同時に得たいと考える人もありますが、日焼けとムダ毛処理を同時に行うことは避けたいところです。

まずはどちらを重視するかを決めておきましょう。

ムダ毛処理を優先する場合はできるだけ肌を焼かないよう、紫外線対策はきちんと行いたいといころです。