錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

錦糸町で脱毛したい!当日の飲酒はOK?

    

錦糸町で脱毛をしたいもののお酒が好きな人にとって気になるのは、施術当日の飲酒はOKかどうかです。

大人に許された楽しみの一つであり、毎晩の晩酌や誘われての飲み会へすぐに出掛ける人でも、当日のお酒は控えるようにします。

 

 

 

 

血流促進作用により皮膚にかゆみや赤みを生じることも

スタッフの接客もお手入れも全てに大満足の錦糸町での脱毛ですが、結論から言うと施術当日の飲酒はNGです。お酒を飲むとゆっくりとアルコールが全身に回って、身体がポカポカとしてきます。ほろ酔い気分になるので楽しい気持ちにもなりますが、体温が上がるため熱は体内にこもりやすい状態です。

脱毛をすると皮膚の内部では、軽い状態ではあるものの火傷のようになります。それは速攻で消えることはなく、少なくとも翌日までは持続をするため、お酒の力での体温上昇で熱が高まれば皮膚にトラブルが生じやすいです。

照射の施術を行い、ただでさえ炎症を起こしえているところにより血行を促進させるお酒を入れることで、熱の影響で炎症は悪化をすることになります。治まっていた皮膚の赤みが再び出てきたり、ボツボツとした湿疹になったり、皮膚に強い痒みを伴うなどのトラブルを起こすかもしれません。

このように一度生じた皮膚のトラブルは、体内の熱が治まらないと皮膚の表面も穏やかにはならないため、しばらくはかゆみや赤みとの戦いになります。

 

脱毛効果を下げたり皮膚の乾燥を促すことにも

錦糸町での脱毛をする際に最初の注意事項でも必ず言われることが、スキンケアを十分にしてくださいといった内容です。光やレーザーなどでの照射をすることにより一瞬の熱変換で体毛へのアプローチをすることになりますが、皮膚はとても乾燥しやすい状態になります。

皮膚にはそれほど感じないものの、高熱が加わることで、皮膚内部の水分が蒸発しやすくなってしまうからです。施術当日に飲酒をするのを避けるべきなのは水分とも関係があり、お酒は液体なので水分補給ができる印象ですが、アルコールは強い利尿作用があるため逆に体内の水分を失わせる働きがあります。

体内を健やかに維持する水分がどんどん出ていくことで、皮膚の乾燥も余計にひどくなります。水分が十分でない皮膚への照射をすると、毛穴奥まで順調に光は届きにくく、脱毛効果を下げてしまいかねません。順調に毛を減らしていくためにも、肌の乾燥をヒートアップさせないためにも、当日の飲酒は控えることです。

 

体温の急上昇により皮膚が過度に敏感な状態に

錦糸町での脱毛をすると、素肌のクールダウンや基礎化粧品での保湿など施術後のアフターケアもしっかりとしてもらうことができます。いったん肌は落ち着きを取り戻しますが、それに安心をして当日に飲酒をするのはNGです。

保冷剤や化粧水に乳液など様々なアイテムを使い施術後の火照った肌の冷却をしてくれますが、まだ内部の体温はいつもよりも高くなっています。もしもお手入れを受けた日に飲酒をすると、身体の中では炎症が起きているところに、アルコールが入ってきて体温が余計に上がることで、皮膚もその影響を受けてしまう事になります。

レーザーや光の照射を受けると、皮膚はしばらくとても弱い状態になります。さらに体温がお酒で上がると、輪をかけて肌の状態は敏感になるばかりです。普段であれば問題のない外部の刺激に敏感に皮膚が反応をしやすくなりますし、本当に些細な刺激でも痛いと感じてしまうことがあります。無駄に皮膚にトラブルを起こさないためにも、飲酒は翌日の肌の状態と相談してからにすることです。

 

満足な気分で錦糸町での脱毛を受けることができますが、その日は飲酒をすることは基本的にはNGですから、お酒の楽しみは翌日以降まで延期です。照射をすることで軽い炎症状態なので、アルコールによりさらに体温上昇をすると、肌のトラブルが起こりやすくなります。