錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

錦糸町で脱毛後にトラブル!対処法は?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/01
    


錦糸町のエステサロンやクリニックの脱毛では、ムダ毛の毛根に熱を加えていくことになります。そのため肌への負担が大きくなることもあります。どのようなトラブルの可能性があるのか事前に知っておくことにより、安全に脱毛を受けられます。

毛のう炎が起こった時の対処法とは

錦糸町のエステサロンやクリニックで起こるトラブルとしてはまず、毛のう炎というものが挙げられます。これは毛穴が炎症を起こし、ニキビのようなものができてしまう症状です。光脱毛や医療レーザー脱毛では毛根に熱を加えることになりますが、その際に毛穴がダメージを受けてしまいます。そこに雑菌が入り込むことにより、毛のう炎が起こってしまうのです。

毛のう炎が起こっても特に痛みなどはありませんし、自然に治ります。しかし、悪化すると痛みや発熱が伴うこともあるため、発生した時の対処法をチェックしておくべきです。

脱毛後は肌のバリア機能が弱くなっており、汗をかいたり摩擦を受けることで症状が悪化することもあります。そのため肌を自然に保ち、衣服の擦れや化粧品の使用などに注意しましょう。

また、ストレスによって肌の免疫力が低下したり、栄養バランスの悪い食生活も症状を悪化させる原因です。ストレスはこまめに発散した方が良いですし、栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。腫れや化膿が酷くなった場合、皮膚科で治療を受けることが大切です。

火傷が起こった時の対処法について

錦糸町のエステサロンで脱毛を受けた場合、最も起こりやすいトラブルが火傷です。同じマシンを使っていても、火傷になる人とならない人がいます。熱に弱い体質の人は注意しましょう。

脱毛後に火傷が発生する原因としては、マシン自体に問題がある場合とスタッフの技術力が不足しているといったことが挙げられます。古くて故障したマシンをそのまま使っているエステサロンや、技術力の低いスタッフが施術をしているお店には注意しましょう。

また、マシンの出力が強すぎることや冷却ケアが足りないことなども火傷の原因となります。他にもムダ毛の自己処理がきちんとできていなかった場合や、紫外線対策が不足していたことなども原因として考えられます。

火傷が起こっても症状が軽い場合、患部をしっかり冷やすことが効果的な対処法となります。水ぶくれなどの症状がなければ、1週間程度で症状は治まるでしょう。しかし、水ぶくれが見られる場合、色素沈着になる可能性もあるので早めに病院を受診することが大切です。

色素沈着が起こった時の対処法をチェック

錦糸町のエステサロンで脱毛を受けた場合、色素沈着が起こってしまうこともあります。脱毛した部位は肌のバリア機能が低下しており、紫外線に弱い状態です。そして、紫外線に当たると肌を守るため、メラニン色素が多く生成されてしまうのです。

そこで色素沈着の対処法としては、脱毛後は紫外線をできるだけ避けるようにするということです。少しくらいなら平気だと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、脱毛後は普段よりも肌が弱い状態ですし、ちょっと紫外線に当たっただけでもたくさんのメラニン色素が作られてしまうのです。

日傘や帽子、長袖の衣服などでしっかり紫外線対策を行いましょう。きちんと対策をしても色素沈着が起こった場合、美白ケアと肌のターンオーバーを整えることがポイントです。薄い色素沈着ならきちんとケアをすることで少しずつ改善していくでしょう。

肌のターンオーバーが整うことにより、色素沈着を起こした部分が少しずつ肌の表面に押し上げられていきますし、自然に剥がれ落ちるので綺麗な肌に戻ります。

 

脱毛というのはムダ毛をなくして綺麗になるための施術です。トラブルが起こってしまったら残念なことになりますし、事前の準備やお店の選び方に気をつけることが大切です。それでもトラブルが起こることもありますので、対処法を確認しておきましょう。