錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

脱毛前の剃り残し、どれくらいまで許される?

    

脱毛前のそり残しが許される範囲

 

脱毛施術を受ける前は、自分で自己処理(シェービング)をしなければなりません。
もしシェービングを怠ってムダ毛の多い場合、サロンによっては施術を断られることもあります。
なぜ断られるかというと、ムダ毛が多いと脱毛照射をするときに多くの根毛を痛める、肌の痛みを強く感じてしまうからです。
せっかく予約したのに自己処理を怠ったために施術が受けられないというのは悲しいですから、脱毛前は剃り残しがないようにしましょう。

 

脱毛当日までに必ず自己処理をすること

サロンで脱毛の予約をしたら当日までに必ず自己処理を済ませましょう。
この自己処理は基本的にお店側ではやってもらえません。
背中やどうしても手が届かない部分についてのシェービングサービスを行っているサロンもあります。
ただシェービングサービスは別途料金が発生するので注意が必要です。
お金をかけたくないならできるだけ自分で処理することをオススメします。
自己処理の種類は「カミソリ」「除毛クリーム」「ワックス脱毛」「家庭用脱毛器」などが挙げられます。
カミソリは最も一般的ですが手が届きにくい場所は剃り残しが生じてしまう場合があります。
クリームやワックスはお手軽ですが、アレルギーや肌を痛める可能性があり施術前には不向きなケースもあるようです。
最も効果的に自己処理が可能なのは電気シェーバーなどの家庭用脱毛器です。
カミソリより楽に広範囲で脱毛ができ、肌を痛めることもありません。
施術前の自己処理にはピッタリです。

剃り残しはどこまで許される?

剃り残しの許容範囲はそれぞれのエステサロンによって異なります。
たとえば皮膚から1~2ミリ出ている程度ならOKとしているところもあれば、何ミリでもNGというお店もあります。
この許容範囲が分からない場合は事前にそのお店のルールを確認するか、カウンセリング時に聞いておきましょう。
何も知らないまま粗雑なシェービングのあとにお店に行ったら施術を断られた、なんてことにもなりかねません。
基本「お店ではシェービングはしてくれない」という意識を持ち、施術前にしっかりと自己処理を行ってください。
「物理的に手が届かない場所の剃り残し」は大目に見てもらえることがあります。
背中、うなじ、Oラインなどはやはり自己処理が難しいです。
鏡に映して剃るということもできますが、慣れないと肌を傷つけてしまうこともあります。
そのためお店の側でもこうした部分の剃り残しは黙認してもらえる場合があります。
あくまでも「黙認してもらえる」「大目に見てもらえる」というだけで、本来であればNGになるほうが多いのです。
剃り残しでNGが出た場合、その部分だけシールを貼って照射されないようにして施術を行くなど、あまりに剃り残しが酷い場合は予約取り消し・施術中止ということにもなります。
数日前に自己処理をしても当日までにまた毛が伸びてきてしまったということもよくあるので、一度予約をしたら当日までに気を抜かずに処理を行いましょう。
錦糸町エリアの有名脱毛サロンのなかには剃り残しに比較的寛容なところもあります。
「襟足・背中上下・腰・ヒップ・ヒップ奥」に限り、剃り残しがあった場合スタッフがシェービングを行ってくれるなど、比較的丁寧なサービスを行うところもあるようです。
しかし、これら以外の剃り残しがある場合はシェービング不可となり、その箇所の施術を避けられるか、施術そのものを断られるということになります。
この点はカウンセリングの際にもスタッフのほうからちゃんと説明されるので注意して聞いておきましょう

 

 

ランキングはこちら