錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

保湿、冷却が肝心。

    

保湿冷却が肝心

 

脱毛においては処理後のケアも非常に重要です。
脱毛後のケアを怠ってしまうと、肌がやけどしたり、シミができたり、毛穴から細菌が入ってしまったりと様々なトラブルが起きてしまいます。
さらに、必要なケアがなされないことで脱毛そのものの効果が減ってしまうこともあります。
脱毛後に行うべきケアや、してはならないことなどを事前に詳しく知っておきましょう。

 

施術後の冷却、保湿

脱毛の施術後は肌がヒリヒリと痛んだり、赤みが残ったり、かゆみが出たりと様々な問題も起きやすい状態です。
特に光脱毛やレーザー脱毛は熱線を肌に当てる施術なので肌が痛みやすいです。
また、脱毛後は毛穴が開いている状態なので細菌が入りやすく、シミや黒ずみ、肌荒れの原因にもなります。
そのため施術後の当日からしっかりと肌のケアをすることが重要になります。
施術後の当日に炎症や痛みが酷い場合はまず冷水をタオルで絞って肌に当てましょう
ひんやりとしたタオルは熱くなっている肌を鎮静化させ、かゆみや炎症を抑える働きをします。
保冷材や氷枕などを使ってもいいですが、その場合もタオルで巻いて肌に当ててください。
冷やすという行為は肌を鎮静化させるだけでなく、開いた毛穴を引き締める効果もあります。
脱毛施術を行った後の肌というのは非常に乾燥しやすく、ダメージを受けやすい状態になっています。
というのも光脱毛やレーザー脱毛は根毛を焼き切るので施術なので、どうしても毛穴部分の水分量が低下して刺激を受けやすい形になってしまうからです。
そこで保湿クリームや軟膏、または日ごろの顔のお手入れと同じように乳液や化粧水を肌に塗って保湿ケアを行うことが大切になります。
施術後の当日だけでなく毎日しっかりとケアを行いましょう。
脱毛後は毛穴が広がった状態なので、その毛穴を隠すために部分用ファンデーション(コンシーラー)を使う人もいます。
しかし部分用ファンデーションを使うと、それに含まれる油分や薬用成分が毛穴に大量に入ってきて肌荒れの原因になってしまいます。
しばらくのあいだは毛穴を隠すファンデーションは我慢しましょう。

日焼け対策や入浴後のケアにも注意

紫外線や日焼け対策も必要です。
脱毛後はただでさえ肌が乾燥しやすくなります。
そのため強い紫外線を浴び続けると余計に肌が痛みます。
日焼け止めクリームや紫外線をカットする衣類を有効活用しましょう。
自宅の保湿ケアだけでなく、外出先の予定地やスケジュールの管理も重要です。
たとえば脱毛後に山や海に行くレジャーの予定が入っていたら、それだけ肌を痛める可能性が増えてしまいます。
肌の乾燥や日焼けを防止するためにも、脱毛後一か月以内はできるだけ屋外に長時間いるようなイベントやスケジュールは避けましょう。
もしレジャーイベントなどが避けられない場合は、脱毛後に行くのではなく脱毛前に済ませておきましょう。
脱毛後にあまりに日焼けが酷い場合、次の脱毛施術をサロンから断られることもあります。
入浴後は肌が乾燥しやすい時間帯です。
そのまま放置せずに必ず早めに保湿ケアを行ってください。
施術後は毛穴が開いているので、しばらくはサウナやプールも控えてください。
サウナは激しい体温の上昇によって肌の炎症の原因になります。
またサウナ室・岩盤浴場は自分以外の人も多く利用するので毛穴からばい菌が入ってしまうこともあります。
屋内プールもできるだけ避けましょう。
屋内プールの水には塩素などか含まれている場合があり、毛穴から入ってダメージを及ぼすなど、肌を痛める原因になります。
錦糸町エリアにある脱毛サロンでは施術後の肌のアフターケアを積極的に行っています。専用の保湿クリームや鎮静ローションを用意してくれるサポートもあるので、施術後に肌トラブルが発生したら相談してみましょう。

 

 

ランキングはこちら