錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

剃る、抜く、溶かす、肌に負担をかけない脱毛はどれ?

    

肌に負担をかけない脱毛方法

 

ムダ毛の処理はなかなか大変なものです。
できるだけ自分に合った処理方法を選ばないと、肌を痛めたり、かなり時間がかかったりとデメリットの部分も多く出てきてしまいます。
ムダ毛処理には主に「剃る」「抜く」「焼く」「溶かす」の4つの方法があります。
いずれもメリット・デメリットがありますから、事前に詳しくチェックしておきましょう。

 

剃る

毛を剃る方法は脱毛において最も一般的と言えます。
剃る方法は手間もかからず短時間に行えますが、皮膚の表面部分を剃るだけなので効果の長続きは期待できません。
剃る方法にはカミソリ、電気シェーバー、トリマーなどがあります。
カミソリは最も手軽でリーズナブルに行えます。
また体のほとんどの部分のムダ毛処理が可能です。
カミソリのデメリットとしては肌への負担や痛みが生じやすいということです。
できるだけ肌に優しいカミソリを選ぶことが大切です。
電気シェーバーはカミソリと違って肌へのダメージがほとんどないのがメリットです。
ただ、カミソリに比べると剃り具合は浅くなってしまう点、家電製品なのでお金がかかってしまう点がデメリットです。
トリマーは細い毛を軽く剃りたいときに向いています。

抜く

抜く方法のメリットはピンポイントで脱毛ができる点、効果が長続きする点などが挙げられます。
デメリットは毛を抜くときに痛みが生じること、一本一本抜くのに時間がかかるという点です。

毛を抜く方法には、ピンセット、電動脱毛器などがあります。
ピンセットで毛を抜くとしばらく生えてこないので効果が実感はやすいですが、抜くときにはかなり痛みが生じます。
また、毛穴へのダメージが大きく、毛穴汚れの可能性も大きくなってしまうのが難点です。
電動脱毛器による毛抜きは、自分の手で行う毛抜きの電気自動バージョンと言ってもいいでしょう。
毛穴に対するダメージはピンセットとほぼ変わらないので、むしろピンセットよりも毛穴へのダメージが大きくなってしまうことが多いです。
そういう意味ではあまりオススメできません。

焼く

焼く方法は熱線式除毛器やヒートカッターを使って処理を行います。

熱線式除毛器は熱で肌全体を滑らせて毛を焼く方法なので、抜く方法よりも痛みがありません。
ただ、肌をやけどしたり、毛穴を痛めたりということがよく起こります。
費用もかかってしまうので結構デメリットが多い脱毛方法です。
ヒートカッターは下着などから出てしまった少量のムダ毛を処理したいときに向いています。
肌に当てずに毛だけを直接焼くという方法なので、熱線式除毛器と違って肌へのダメージがまったくありません。
同様に毛穴へのダメージも皆無です。
ただ、少量の毛を一時的に焼いて処理するだけなので根本的な脱毛にはなりません。

溶かす

溶かす方法は除毛薬や脱毛クリームを皮膚に塗って処理を行います。
脱毛したい部分に薬剤を塗ることで毛を溶かすので、剃ったり抜いたりするよりも痛みがなく、手間もかからずに短時間で処理が行えます
ただ、薬剤ですのでアレルギーが生じるなど、毛だけでなく皮膚を溶かしてしまうこともあるので注意が必要です。
肌が繊細な人は頻繁に使用するのは避けましょう。

除毛薬(脱毛クリーム)はその名のとおり薬を塗って毛を溶かして、一時的に除毛を行うことを可能とする薬です。
手間がかからず痛みがない反面、皮膚を溶かすなど、毛穴へ侵入してダメージを与えることもあります。
脱毛クリームという名前で商品が売られていることがありますが、これも一時的に毛を溶かすだけでまた必ず短期間で生えてきます。
薬剤なのでちゃんと水ですすいで肌を綺麗にすることがポイントです。
洗い残しは皮膚や毛穴を痛めます。

自己処理の脱毛はメリットとデメリットを確認しないとトラブルが発生しやすくなります。
自己処理に不安がある人は専門の脱毛サロンに行きましょう。
錦糸町エリアには光脱毛やレーザー脱毛など、最先端の脱毛を安心して受けられるお店が多く揃っています。
お金はかかりますが、皮膚や毛穴を痛めず半永久的な脱毛を実現するには脱毛サロンがオススメです。

 

 

ランキングはこちら