錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

痛い?恥ずかしい?VIO脱毛ってなに?

    

痛い?恥ずかしい?VIO脱毛ってなに?

今年の夏は海やプールへ出かける予定を立てていますか?
ショッピングセンターへ行くと、浮き輪や水着などが徐々に並び始め、子供から大人まで心が浮き立つ人もいるのではないでしょうか。
水着になれば当然肌を露出しなければいけませんが、ムダ毛の処理はできていますか?
体についた余分なお肉ばかりを気にして、すっかり忘れている人もいるかもしれませんが、ムダ毛処理も重要です。
ムダ毛処理というと、脇や腕に足などの処理をすればいいと思っている人も大勢いますが、実はVIO脱毛も重要です。
未処理のままだと水着から陰毛がはみ出て恥ずかしい思いをすることになります。

 

VIOはどういう意味?処理をするメリットとは

〇VIOとは
デリケートゾーン周辺の毛のことを言います。
Vは正面に生えている陰毛、Iは性器周辺、Oは肛門周りの毛を言います。
陰毛はデリケートゾーンを守る為に生えているのですが、この部分を脱毛するメリットは何でしょうか?

★1つ目は衛生面です。
陰毛が生えていることで夏は汗で蒸れてしまいます。
蒸れることで雑菌が繁殖してしまい、臭いの原因やかゆみの原因になってしまいます。
生理期間中はこの陰毛に経血が付着するので不衛生な状態になります。
陰毛を処理することで、しっかりと洗うことができ、風通しも良くなることから衛生的になります。

★2つ目は水着やショーツを穿いた際の、陰毛がはみ出ることを防ぎます。
特に水着を着用するとき、ショーツがまたから浅いタイプのものがあります。
このタイプはしっかりと処理をしないと、陰毛が見えてしまいます。
海に到着し、これから水着に着替えようとしたその時、陰毛がはみ出ているととても恥ずかしい思いをします。
ですから、水着を着る前はVIOをしっかりと処理をする必要があります。

★3つ目はVIO脱毛をすることで、自己処理が楽になります。
デリケートゾーンの皮膚は外の場所と比べて皮膚が薄いです。
シェーバーで処理をして、毛抜きで抜いてしまうと皮膚を傷つけてしまい、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。
しかし、サロンでしっかりと脱毛をすることで、自己処理によるトラブルを防ぐことができ、チクチク感もありません。

★4つ目はサロンできちんと処理をするので、形を綺麗に整えることができます。
全部つるつるにする形もあれば、人気の卵型や逆三角形です。
全て毛をなくすことは温泉へ行くときに恥ずかしいという理由から、悩んでしまう人もいるのですが、形を整えるだけなら、どなたでも受けがいいです。

 

施術は恥ずかしい?どんな体制でやるの?

〇VIO脱毛の方法
・ほとんどのサロンではTバックを履きます。
仰向けになり、片足ずつ開いて陰部が見えるようにします。
最初は恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、エステティシャンの方は慣れていること、女性同士なので恥ずかしさを感じにくくなくなります。

タオルで隠しながら行う事もあるので大丈夫です。
逆に手元が見えないと粘膜など施術ができない場所に照射してしまって火傷の危険性があります。
安全性を考えた上では、陰部を見ながらの施術になるのでそこは承知するようにしましょう。

 

〇Oラインについてはうつ伏せになって足を開くという方法もあります
サロンによってもやり方が変わってきますが、基本的には専用ショーツを穿き、足を開いての施術となります。
生理中は経血が出ているということで、衛生上の事から脱毛はできません。

薬を服用している場合も、施術はできません。

VIO処理をきちんとすることで、可愛い下着や水着も着ることができるのでムダ毛が見える心配もありません。
今年の夏はVIOを気にせず、可愛い水着を着てビーチで目立っちゃいましょう。